上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに新聞でも発表されていますが、このたび、30年間続けてきた教職を辞することになりました。4月からの職業は、プロサッカーコーチです。

30年前、草加東高校に赴任し、校長に「サッカー部は体育の顧問がいるから水泳部でいいよな」と言われ「サッカー以外考えられません」と主張し、先輩教師に「新任は何でもやるのが普通だ」と言われたのを今でも憶えています。

県大会に出ることが凄いと思っている草加東の生徒たち(本庄高校もそうですが)に、県大会に出るのは当たり前と思えるようにしたいと思いました。

当時の愛読書の『トレーニングジャーナル』にアメフトのラダートレーニングのことが書かれていたのを読み、まだラダーが売られていない時代に、業務さんにお願いして箒の柄を切って穴を空けていただき、そこに紐を通して繋いで、手作りのラダーを作りました。また、針金ハンガーをミニハードルの形に変え、ステップのトレーニングを行いました。

物珍しさもあって、やんちゃなサッカー部員たちが面白がってトレーニングに取り組みました。その結果、3年目には県大会に出場できました。また、5年目にはインターハイ、選手権ともにベスト16に入ることができました。

ベスト8を目指して頑張ろうと思っていた矢先、校長から「浦和市立高校からオファーが来たけどどうする?」と言われ、最初は断りましたが、「向こうはどうしても欲しいらしいから、行けば監督ができると思う」と言われ承諾しました。

サッカー部員に「本当に行っちゃうんですか?」と言われた時の視線は今でも忘れられません。

浦和市立高校を初めて訪れた際に「陸上部の顧問でいいよな」と校長に言われ呆然としましたが、交渉の結果(あんなにやる気があるんだから名前くらい入れてやればとなったそうです)、空手部の副顧問兼サッカー部のカッコつき第3顧問(当時、浦和市立高校は顧問は1つの部に2人までというルールがありました)になりました。

試合に出られない部員たちに教えながら、どうしたらこの子たちがもっと上手くなるかいつも考えていました。その結果、私の赴任時には球拾いしかしたことがなかった3年生が、選手権予選ベスト4の原動力となる大活躍をしました。

そのベスト4の試合を観て浦和市立高校への入学を決めた中学生の中に、後に浦和レッズの選手として活躍する堀之内聖君がいました。

彼が2年生の時のキャプテンの大野君は、昨年の国体少年の部の優勝監督で、4月から母校さいたま市立浦和高校の監督に就任するそうですが、彼が牽引したチームは選手権全国ベスト8で中村俊輔選手の桐光学園と対戦し、惜しくも0-1で負けました。

その3年後、浦和市立高校から上尾高校に異動し、念願の監督をすることができました。異動してすぐのインターハイ予選で県大会に進出し、10年くらい上尾にいてサッカーの指導がしたいと思っていたのですが、翌年、ワールドカップ組織委員会からのオファーをいただきました。また、同じタイミングで県トレのコーチのオファーもいただいていたので、悩みましたが、最終的に世界一のイベントに関わることを選択しました。

2002年のワールドカップの翌年の4月から、さいたま市立浦和南高校で5年間お世話になりましたが、その間に2軸動作に出会いました。当時選手権予選で準優勝した時にキャプテンと、浦和レッズで天皇杯の決勝でゴールを決めた堀之内君を東大附属中等教育学校へ連れて行き、私の2軸の師匠に2軸トレーニングをしていただきました。

それから十数年間、浦和南高校、熊谷高校、本庄高校のサッカー部員に2軸動作を教えながら試行錯誤を繰り返してきました。特に、本庄高校でサッカー初心者の女子サッカー部員に教えた経験はとても大きかったと思います。

4月から、教え子の堀之内氏が塾長を務める『浦和レッズサッカー塾』でヘッドコーチとして、熊谷高校時代の教え子のアシスタントコーチと2軸動作をはじめ、サッカー選手にとって不可欠なスキルを、週1回、小学生にスクールで教える予定です。教え子2人とタッグを組んで、浦和レッズの、そして日本サッカーの未来のために尽力いたします。

今回、塾長の堀之内氏の強い誘いがありこの決断に至ったのですが、ただ一所懸命、生徒たちが上手になって喜ぶ顔が見たくて取り組んできた私の実践を、元アジアチャンピオンズリーグ優勝メンバーの彼が評価してくれました。

私がプロサッカーコーチという職に就けることになったのも、「こんな練習意味あるの?」と思いながらも練習に付き合ってくれた草加東高校、浦和市立高校、上尾高校、浦和南高校、熊谷高校、本庄高校のサッカー部員たちのおかげです。

特に、先日の静岡遠征で物凄い成長ぶりを見せてくれた本庄高校サッカー部員は、私に自信を与えてくれました。やる気がある子に適切な指導をすれば確実に上手くなるという確信が持てました。

静岡遠征最後の夜に「人間の細胞は60兆個あり、3〜6ヶ月でそれらが全て入れ替わるにもかかわらず、同じ姿形を維持できるのはDNAのおかげです。文武両道と2軸動作のDNAはみんなの中に残したと思っていますので、代々後輩たちに引き継いでいってほしい」と話しました。

翌日、学校に、遠征に行けなかったメンバーも集まってくれ、そこでキャプテンが「福島先生に教わりたくて本庄高校を受験しました。先生に教わって自分が成長したと実感しています。先生の教えを伝えて行けるように頑張りますので、先生も新天地で頑張って下さい」と言ってくれたのを聞き、4月から教える子供たちにもそう思ってもらえるよう努力しなければと決意を新たにしました。

最後に、毎回ブログ更新を楽しみにして下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして、本庄高校の男女サッカー部の生徒、卒業生、保護者、関係者の皆様、本当にお世話になりました。

教師として最後に呼名したのは1年7組の生徒たち、最後に担任をしたのは2年2組の生徒たちです。教師とて本庄高校を卒業します。

これからも本庄高校サッカー部が益々発展していくことを祈念しております。

サッカー部の生徒、卒業生のみんなへ、

これからは、同じ本高OBとして、また、サッカーを愛する同志としてお付き合い下さい。そして浦和レッズを応援してくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。

本庄高校サッカー部顧問 福島智紀
スポンサーサイト
静岡遠征最終日の結果

vs長野吉田高校A 前半2-0、後半6-0、トータル8-0で勝利。

vs富士高校B 前半1-0、後半1-0、トータル2-0で勝利。

多彩な攻めがあり、観ていてとでも楽しいサッカーでした。

今までは、静岡のチームと対戦すると、球際の速さや強さで対抗できるものの、テクニックでは叶わないと思っていましたが、今回、テクニックでも引けをとっていないと感じました。

富士高校Aは、今大会の優勝チームで、静岡らしい技術のあるチームでしたが、互角に戦っていました。

4月以降の彼らが益々進化して行くことを予感させる試合でした。

「素直で、謙虚で、明るい心に気は宿る」と我が師は話されていますが、素直で謙虚な彼らは伸びます。もっと明るくなればさらにいいですね。
静岡遠征3日目は、

星稜B vs1年生 25分×2 前半1-0、後半 0-0、トータル 1-0で勝利しました。

富岳館B 25分 vs2年生は、4-0で勝利。

富士宮北B 25分 vs2年生は、0-0の引分け。

富岳館Aとの40分×2は、前半0-0、後半1-0で勝利しました。

ここ1ヶ月、我々指導者が入試委員等の仕事で忙しく、あまり練習に顔を出せなかったのですが、それが彼らにとって良かったのかもしれません。

以前より、自分たちで考えてプレーするようになりました。

勉強も誰かにつきっきりで教わるより、自ら自分に合った勉強のやり方を見つけ、分からないところを質問に来る生徒ができるようになりますから、同じですね。

みんな上手くなりましたが、特に2年生が急激に伸びている気がします。何人か受験勉強のためチームを離れて行った中、サッカーと勉強を両立する覚悟を決めた彼らの意志の力が進歩・成長を促しているのかもしれません。

前橋育英高校サッカー部の山田耕介監督の著書『前育主義』にskillよりwill(意志)と書かれていますが、結局、少々上手い生徒より強い意志を持って臨んで、諦めずにやり切る生徒が最終的に上に行くのだと思います。

明日はいよいよ遠征最終日ですが、彼らの成長した姿を見るのが楽しみです。
静岡遠征2日目

1年生vs富士宮西高校は、前半1-2、後半0-0、トータル1-2で敗退しました。

2年生vs星稜高校Bは、前半2-0、後半2-0、トータル4-0で勝利しました。

トップチームvs星稜Aは、前半0-0、後半1-1、トータル1-1でPK戦で勝利しました。

大事なところで勝負弱い彼らが勝った記念すべき日です。

今夜、夕食の後に去年に引き続き、1年生が一発芸を披露したようです。

廊下から「これでやっとサッカーに集中できる」という声が聞こえてきました。

以前、浦和南高校サッカー部を全国大会で何度も優勝に導いた松本暁司先生が、サッカー部員に大勢の人の前で話さなければならない生徒会や委員長のような仕事をわざとさせたという話をお聞きしたことがありますが、真面目で良い子なサッカー部員が殻を破るのには一発芸も必要なことかもしれません。

彼らが社会人になって、先輩の前でバカになれることによって、先輩の懐に入ることができるかもしれません。

彼らがサッカー部に所属し学習したことが、今後の人生で活かされることを願ってやみません。
静岡遠征初日は

vs富士見高校A 前半0-1、後半0-1、トータル0-2で負けました。

vs富士見高校B 前半1-1、後半2-0、トータル3-1で勝ちました。

A戦は負けはしましたが、生徒たちの成長を感じることができ、観ていて面白い試合でした。

球際で本高の選手が膝を抜き、相手選手が転んでしまう場面が何回かありました。

また、最初の数歩の速さを感じるシーンもあり、相手選手からすると「あれ?何か変だ」という場面が、試合中に何度もあったと思います。

キックやトラップは、練習中にノープレッシャーの時は、上手くできるようになった彼らですが、今日のようにプレッシャーをかけられると、慌ててミスしてしまうことが分かりました。

今日の試合を通して、彼らは、練習中に試合をイメージしてプレーすることが大切だということが、よく分かったと思います。

明日の試合が今日の試合より進化することを期待します。



先週土曜日のテレビ東京の番組『スポーツウォッチャー』でサンフレッチェユースの特集をしていました。

ユースの選手全員が同じ釜の飯を食い、夕食後には、寮長さんに携帯を預け、朝まで携帯のない生活をするそうです。

夕食後には、先輩が後輩に勉強を教えたりしてコミュニケーションを取っていました。

育成担当の方が「サッカーを教えるのではなく、サッカーで教える」と話されていましたが、我々が「教科書を教えるのではなく、教科書で教える」のと同じだと思いました。

これから3泊4日で本庄高校サッカー部は静岡県富士市で行われるフェスティバルに参加しますが、短い間でも、同じ釜の飯を食って、彼らがどう変わるか楽しみです。
2019.03.24 久々の
昨日、久々に高校のサッカー部の同期が集いました。

いつもは5人ほどしか集まらない会ですが、今回は11人が参加しました。

その中の1人のサッカー部の引退時のコメントが今でも忘れられないですし、教員になった私の指針にもなりました。

彼は「このサッカー部は試合に出る人のためだけにあるサッカー部でした」と発言しました。

あの衝撃は今でも忘れられません。

サッカー部に入った以上、全員がサッカーをより好きになり、より上手くなって卒業していくべきだと考える指導者になったのは、彼の影響だと思います。

また、東大を目指して勉強をしていたキャプテンだった男には「勉強もサッカーもやって、常に選択肢を複数持つ生徒を育てて」と言われました。同じく東大を目指していた副キャプテンに「ソクラテスが理想だな」と言われました。

ソクラテスは、ジーコと共にブラジル代表でプレーしていた選手で、医師免許の持ち主でした。

高校時代、顧問の先生が練習に顔を出すことはほとんどなく、キャプテンを中心に、自分たちで練習も考えて、当時選手権全国ベスト16になった前橋商業に2度対戦しどちらもPK負けでした。

彼らに「あのメンバーにお前が指導したら全国優勝狙えたんじゃない?やはりサッカーは指導者の影響が大きいよ」と言われました。

本庄高校サッカー部員の身体能力は、彼らと比べるとかなり低いですが、環境は遥かに恵まれています。

環境に恵まれているから強くなるとは限りませんが。

中村俊輔選手が言うように、本人次第です。

2019.03.23 イチロー引退
イチロー選手が引退しました。

子供たちへのメッセージを求められ「夢中になれるものを見つければ、自分の前にある壁に立ち向かって行ける」と話されていました。

本高生を見ていて、「目先の損得」のことだけを考えて行動する子が多いと感じていました(以前、英語の研修会で他校の先生も同じことを言っていました)。

学年末考査の後の授業で定期考査のためでない教材で授業をすると、特進クラス以外では集中力が下がるのを感じました。

その話を若手物理教師にしましたら「物理も定期考査のための勉強はするけど、1番面白いはずの実験が、彼らにとってどうでもいいことなんです。どうしたら実験の面白さや大切さを伝えられるか悩んでいます」と話していました。

サッカーも勉強も、自分から夢中になってやるように仕向けるのが我々教師の仕事なのでしょうね。
2019.03.23 2年次集会②
先日の年次集会の先輩の話の前に、私が生徒指導部として生徒たちにした話が先生方に好評でしたので、その元原稿を下に記したいと思います。


この数週間、皆さんに何を話すかずっと考えていました。

そして、つい先日、塾を経営している従兄を訪ねた時に面白い話を聞かされましたので、まずその話から始めます。

彼は塾の生徒に休憩時間に卓球をさせているそうですが、卓球が上手になる子は必ず勉強ができるようになるそうです。

そのときは、そんなことあるのかなと思って聞いていましたが、その後、脳に関する本を読んであながち間違っていないと感じるようになりました。

脳の情報処理は3つあるそうです。入力、整理、話すなどのアウトプット。

脳がぼんやりするときに活発化する回路があるそうです。それをデフォルト モード ネットワークというそうですが、情報を入力した後に脳がその情報を整理するためにはデフォルト モード ネットワークを作動させなければならないそうです。

皆さんは、授業で脳に情報を入れ、休み時間に何をしていますか?

そうです。スマホを使っています。情報を整理するため、ぼんやりすべきときにスマホを使いすぎると、情報の整理ができない。まるで、脳がゴミ屋敷になるそうです。その結果、覚えることや話すことにも悪影響を与えるそうです。

皆さんはスマホが息抜きだと考えているかもしれないけど、息抜きが息抜きになっていない。スマホが脳の過労を増悪させる最大の原因になっている。そして、判断、感情を司っている前頭葉の機能を低下をさせてしまうそうです。

さらに、スマホのよろしくないところは、スマホ自体からの情報量は多いのに、ながらスマホができてしまうことです。

同時並行で行うことをマルチタスクと言いますが、脳はマルチタスクが苦手で、1つのことに集中したい。それなのに、ながらスマホをした結果、脳過労が起こって、意欲や好奇心が摩耗してしまうそうです。

そして白質という脳の一部の発達に遅れが出ることも考えられ、18歳までは法律で1日1時間以内に抑えてあげるのが未来にとって幸せと言っている科学者もいるほどです。

ある学力とスマホの利用時間の関係調査によれば、数学の最も点数が高いグループはスマホを全く使わないか1時間未満のグループの生徒たちで、スマホを使う時間が長ければ長いほど、平均点は下がるそうです。

スマホを長く使っている生徒の勉強時間が少ないかというと、そうではなく、使わない生徒とほぼ同じ。でも平均点が下がるのは、先程話したように、スマホをいじることによって息抜きが息抜きにならず、脳の機能を低下させたり、脳過労を起こすからです。

習慣を変えると脳は変化するそうですから、今なら間に合います。いくら受験勉強しても無駄にならないよう、スマホとの付き合い方を改めて考えてください。

スマホを使う代わりに、無心に体を動かす。だから卓球はとてもいいと思います。

スマホは便利で、使いたい。でも、使われてはダメ。

ちなみに中田英寿さんは、一緒に食事に行った女性がテーブルの上にスマホを置いた瞬間に、この人とは無理と思うそうです。大事な人に会うときは、スマホは見えないところに置きましょうね。


以上です。
2019.03.21 2年次集会
昨日、2年次集会において、先日卒業したばかりの2人が後輩たちを相手に講演してくださいました。

1人は柔道部に在籍していた方で、群馬大学に合格しました。もう1人の方は野球部出身で、明治大学法学部に合格しました。2人とも文武両道を貫いた経験を話してくれました。

大変生徒たちに刺激を与えてくれるとてもいい話でしたが、私が一番印象に残ったのは、柔道部の彼が話した「大事なのは、いい塾に入ることでもいい参考書を買うことでもなく、絶対に諦めない気持ちを持つことです」という言葉です。

もう20年以上前に、教え子で浦和レッズの元プレーヤーの堀之内聖氏は、サッカー部の後輩たちに向けた最後のメッセージで「大事なのは、足が速いことや、体が大きいことや、テクニックがあることではなく、サッカーが好きだということです。好きなら努力が苦にならない。だからサッカーを好きになってください」といった話をしてくれました。

本高サッカー部員も、サッカーが好きで、諦めない気持ちを持っていれば、必ずいい結果を残すことでしょう。

ちなみに堀之内氏は、選手権予選決勝までサッカーを続けましたが、センター試験を受けて国立の東京学芸大学に合格しました。

彼は評定平均が4.8でしたが、模試は苦手であまり偏差値は高くありませんでしたので、おそらくE判定だったと思います。でも合格しました。諦めない気持ちが彼にはありましたから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。