すでに新聞でも発表されていますが、このたび、30年間続けてきた教職を辞することになりました。4月からの職業は、プロサッカーコーチです。

30年前、草加東高校に赴任し、校長に「サッカー部は体育の顧問がいるから水泳部でいいよな」と言われ「サッカー以外考えられません」と主張し、先輩教師に「新任は何でもやるのが普通だ」と言われたのを今でも憶えています。

県大会に出ることが凄いと思っている草加東の生徒たち(本庄高校もそうですが)に、県大会に出るのは当たり前と思えるようにしたいと思いました。

当時の愛読書の『トレーニングジャーナル』にアメフトのラダートレーニングのことが書かれていたのを読み、まだラダーが売られていない時代に、業務さんにお願いして箒の柄を切って穴を空けていただき、そこに紐を通して繋いで、手作りのラダーを作りました。また、針金ハンガーをミニハードルの形に変え、ステップのトレーニングを行いました。

物珍しさもあって、やんちゃなサッカー部員たちが面白がってトレーニングに取り組みました。その結果、3年目には県大会に出場できました。また、5年目にはインターハイ、選手権ともにベスト16に入ることができました。

ベスト8を目指して頑張ろうと思っていた矢先、校長から「浦和市立高校からオファーが来たけどどうする?」と言われ、最初は断りましたが、「向こうはどうしても欲しいらしいから、行けば監督ができると思う」と言われ承諾しました。

サッカー部員に「本当に行っちゃうんですか?」と言われた時の視線は今でも忘れられません。

浦和市立高校を初めて訪れた際に「陸上部の顧問でいいよな」と校長に言われ呆然としましたが、交渉の結果(あんなにやる気があるんだから名前くらい入れてやればとなったそうです)、空手部の副顧問兼サッカー部のカッコつき第3顧問(当時、浦和市立高校は顧問は1つの部に2人までというルールがありました)になりました。

試合に出られない部員たちに教えながら、どうしたらこの子たちがもっと上手くなるかいつも考えていました。その結果、私の赴任時には球拾いしかしたことがなかった3年生が、選手権予選ベスト4の原動力となる大活躍をしました。

そのベスト4の試合を観て浦和市立高校への入学を決めた中学生の中に、後に浦和レッズの選手として活躍する堀之内聖君がいました。

彼が2年生の時のキャプテンの大野君は、昨年の国体少年の部の優勝監督で、4月から母校さいたま市立浦和高校の監督に就任するそうですが、彼が牽引したチームは選手権全国ベスト8で中村俊輔選手の桐光学園と対戦し、惜しくも0-1で負けました。

その3年後、浦和市立高校から上尾高校に異動し、念願の監督をすることができました。異動してすぐのインターハイ予選で県大会に進出し、10年くらい上尾にいてサッカーの指導がしたいと思っていたのですが、翌年、ワールドカップ組織委員会からのオファーをいただきました。また、同じタイミングで県トレのコーチのオファーもいただいていたので、悩みましたが、最終的に世界一のイベントに関わることを選択しました。

2002年のワールドカップの翌年の4月から、さいたま市立浦和南高校で5年間お世話になりましたが、その間に2軸動作に出会いました。当時選手権予選で準優勝した時にキャプテンと、浦和レッズで天皇杯の決勝でゴールを決めた堀之内君を東大附属中等教育学校へ連れて行き、私の2軸の師匠に2軸トレーニングをしていただきました。

それから十数年間、浦和南高校、熊谷高校、本庄高校のサッカー部員に2軸動作を教えながら試行錯誤を繰り返してきました。特に、本庄高校でサッカー初心者の女子サッカー部員に教えた経験はとても大きかったと思います。

4月から、教え子の堀之内氏が塾長を務める『浦和レッズサッカー塾』でヘッドコーチとして、熊谷高校時代の教え子のアシスタントコーチと2軸動作をはじめ、サッカー選手にとって不可欠なスキルを、週1回、小学生にスクールで教える予定です。教え子2人とタッグを組んで、浦和レッズの、そして日本サッカーの未来のために尽力いたします。

今回、塾長の堀之内氏の強い誘いがありこの決断に至ったのですが、ただ一所懸命、生徒たちが上手になって喜ぶ顔が見たくて取り組んできた私の実践を、元アジアチャンピオンズリーグ優勝メンバーの彼が評価してくれました。

私がプロサッカーコーチという職に就けることになったのも、「こんな練習意味あるの?」と思いながらも練習に付き合ってくれた草加東高校、浦和市立高校、上尾高校、浦和南高校、熊谷高校、本庄高校のサッカー部員たちのおかげです。

特に、先日の静岡遠征で物凄い成長ぶりを見せてくれた本庄高校サッカー部員は、私に自信を与えてくれました。やる気がある子に適切な指導をすれば確実に上手くなるという確信が持てました。

静岡遠征最後の夜に「人間の細胞は60兆個あり、3〜6ヶ月でそれらが全て入れ替わるにもかかわらず、同じ姿形を維持できるのはDNAのおかげです。文武両道と2軸動作のDNAはみんなの中に残したと思っていますので、代々後輩たちに引き継いでいってほしい」と話しました。

翌日、学校に、遠征に行けなかったメンバーも集まってくれ、そこでキャプテンが「福島先生に教わりたくて本庄高校を受験しました。先生に教わって自分が成長したと実感しています。先生の教えを伝えて行けるように頑張りますので、先生も新天地で頑張って下さい」と言ってくれたのを聞き、4月から教える子供たちにもそう思ってもらえるよう努力しなければと決意を新たにしました。

最後に、毎回ブログ更新を楽しみにして下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして、本庄高校の男女サッカー部の生徒、卒業生、保護者、関係者の皆様、本当にお世話になりました。

教師として最後に呼名したのは1年7組の生徒たち、最後に担任をしたのは2年2組の生徒たちです。教師とて本庄高校を卒業します。

これからも本庄高校サッカー部が益々発展していくことを祈念しております。

サッカー部の生徒、卒業生のみんなへ、

これからは、同じ本高OBとして、また、サッカーを愛する同志としてお付き合い下さい。そして浦和レッズを応援してくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。

本庄高校サッカー部顧問 福島智紀
先週土曜日のテレビ東京の番組『スポーツウォッチャー』でサンフレッチェユースの特集をしていました。

ユースの選手全員が同じ釜の飯を食い、夕食後には、寮長さんに携帯を預け、朝まで携帯のない生活をするそうです。

夕食後には、先輩が後輩に勉強を教えたりしてコミュニケーションを取っていました。

育成担当の方が「サッカーを教えるのではなく、サッカーで教える」と話されていましたが、我々が「教科書を教えるのではなく、教科書で教える」のと同じだと思いました。

これから3泊4日で本庄高校サッカー部は静岡県富士市で行われるフェスティバルに参加しますが、短い間でも、同じ釜の飯を食って、彼らがどう変わるか楽しみです。
2019.03.24 久々の
昨日、久々に高校のサッカー部の同期が集いました。

いつもは5人ほどしか集まらない会ですが、今回は11人が参加しました。

その中の1人のサッカー部の引退時のコメントが今でも忘れられないですし、教員になった私の指針にもなりました。

彼は「このサッカー部は試合に出る人のためだけにあるサッカー部でした」と発言しました。

あの衝撃は今でも忘れられません。

サッカー部に入った以上、全員がサッカーをより好きになり、より上手くなって卒業していくべきだと考える指導者になったのは、彼の影響だと思います。

また、東大を目指して勉強をしていたキャプテンだった男には「勉強もサッカーもやって、常に選択肢を複数持つ生徒を育てて」と言われました。同じく東大を目指していた副キャプテンに「ソクラテスが理想だな」と言われました。

ソクラテスは、ジーコと共にブラジル代表でプレーしていた選手で、医師免許の持ち主でした。

高校時代、顧問の先生が練習に顔を出すことはほとんどなく、キャプテンを中心に、自分たちで練習も考えて、当時選手権全国ベスト16になった前橋商業に2度対戦しどちらもPK負けでした。

彼らに「あのメンバーにお前が指導したら全国優勝狙えたんじゃない?やはりサッカーは指導者の影響が大きいよ」と言われました。

本庄高校サッカー部員の身体能力は、彼らと比べるとかなり低いですが、環境は遥かに恵まれています。

環境に恵まれているから強くなるとは限りませんが。

中村俊輔選手が言うように、本人次第です。

2019.03.23 イチロー引退
イチロー選手が引退しました。

子供たちへのメッセージを求められ「夢中になれるものを見つければ、自分の前にある壁に立ち向かって行ける」と話されていました。

本高生を見ていて、「目先の損得」のことだけを考えて行動する子が多いと感じていました(以前、英語の研修会で他校の先生も同じことを言っていました)。

学年末考査の後の授業で定期考査のためでない教材で授業をすると、特進クラス以外では集中力が下がるのを感じました。

その話を若手物理教師にしましたら「物理も定期考査のための勉強はするけど、1番面白いはずの実験が、彼らにとってどうでもいいことなんです。どうしたら実験の面白さや大切さを伝えられるか悩んでいます」と話していました。

サッカーも勉強も、自分から夢中になってやるように仕向けるのが我々教師の仕事なのでしょうね。
2019.03.19 本人次第
昨日の練習の後に、若手Jリーガーが中村俊輔選手に、高体連とJユースのどちらがいい選手が育つと思うか質問したという話をしました。

中村選手の回答は私の予想通りでした。

「本人次第。環境は関係ない」という回答でした。

日曜日にレッズと対戦したセレッソ大阪の片山選手は、川越高校出身ですが、一般受験で早稲田大学に入り、当時はなかなか推薦で入学した学生以外はア式蹴球部に入れてもらえなかったのに、彼はセレクションで選ばれ、その後関東選抜に選ばれたりして、早稲田で活躍し、J2のファジアーノ岡山で結果を残し、ついにJ1に上り詰めました。

本庄高校から今春大学に進学する生徒も、片山選手に勝るとも劣らぬ素質の持ち主がいます。

本庄高校初のJリーガーに誰がなるのか楽しみです。