上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03.20 柔軟性
大学時代の友人からメールがありました。

息子さんの中学のサッカー部で、親父vs卒業生の試合が行われるので、先週末にお父さんたちが集まって練習をした際に、六大学の野球部出身のお父さんが、アップでいきなり股割りを始めて度肝を抜かれたそうです。

そのお父さん曰く、股関節が硬いと守備だけでなく、バッティングにも悪影響を与えるのだそうです。

そのお父さんはゴールキーパーをやったそうですが、抜群に反応が良く、ことごとくシュートストップしたそうです。

また、別のお父さんは整形外科のドクターで「サッカーをやっている子は股関節が硬く、怪我をしやすい」と話されていたそうです。

私の友人は、小、中、高と広島県選抜に選ばれた男で、今でもそのスキルは衰えることなく、抜群に上手いですが、さらに上手くなるために股割りを始めるようです。

50過ぎてもまだ上手くなろうとしている彼を見て、サッカー選手にとって一番大事なのは、サッカーが好きなことだと改めて思いました。

好きならば、誰かにやらされることなくても、自分から股割りができるようになりたいと思うのですから。

目先の勝利も大切ですが、もっと大切なことはサッカーを好きにさせること。そのことを肝に銘じておきたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。