2017.08.01 怪我人
今日のトレーニング中に監督の山田が「怪我人が少ないですよね。普通、遠征から帰って来たら何人か怪我人が出ますよね」と話していました。

そういえば、我々が赴任した1年前は、怪我をして見学している部員が何人もいました。

また、ある3年生の部員の親御さんも「1年生の頃は怪我ばかりしていました」と以前おっしゃっていました。

浦和南高校に勤めている頃、陸上の顧問に「サッカー部はダウンを舐めてるから怪我人が多い」と言われたことがありますが、本高サッカー部では、ダウンは生徒任せです。

怪我人が少ない理由の1つに練習時間の短さがあるのかもしれません。だいたい2時間で練習は終了します。

また、筋力に頼らない動きをしているため、必要以上に筋肉がついていなため関節に負担がかからないからかもしれません。

以前、キックの指導をしていた際に、私が高校生の時に筋力に頼った蹴り方をしていて膝の裏を痛めた話を部員にしたことがありますが、蹴り方、走り方、タックルの仕方が筋力に頼らないから彼らは怪我をしないのかもしれません。

最近、インソールが怪我を予防したりパフォーマンスを向上させるという話を聞きました。

私は実戦で試し、その効果を実感しましたが、監督の山田も試してみて、その効果を体感してみたいそうですので、彼がインソールを試して、その効果についていつかレポートしたいと思います。
今日はグランドが一面使えましたので、1年生vs2、3年生で20分×6の試合を行いました。

結果は8-3で上級生が勝利しました。

上級生にリズムよくボールを持たれてしまうと、1年生はその判断の速さについて行けませんでした。

しかしながら、時々は上級生相手にいい形を作ることができましたので、明日のU-16早大本庄高校との試合でも、判断のないロングボールをなるべく減らし、クリエイティブなサッカーができることを祈っています。

明日の部活動体験は17人の申し込みがありました。特に準備するものはありませんので、申し込みをしていなくても参加したい中学生は、明日の8:30にサッカーのできる支度をして、直接本校第一グランドへお越しください。
2017.08.01 U-16vs早大本庄
2日の部活動体験の後、12:00からU-16vs早大本庄高校がアウェイで行われます。

どんな試合になるか楽しみです。