2017.08.08 語彙
試合中、ロングボールをDFラインの裏に蹴られた時に、ボールが蹴られてから空を見上げながら反転しているから裏を取られると1年生に話しました。

浦和東と対戦した際に本高のゴールキーパーがゴールキックを蹴る時、助走を始めた時に「ステイ」、軸足を踏み込んだタイミングで「バック」とディフェンダー全員が声を揃えていました。

生徒らに「浦和東がゴールキックの時に叫んでいたろう。何て言ってた?」と聞きましたら、彼らは「せーの」とか「セーイ」と言っていると思ったそうです。

サッカーを本格的にやってきた者なら「アップ」、「ステイ」、「バック」というサッカー用語は知っていて当たり前です。サッカー用語を知らないと、サッカー用語を使ってコーチングをされた時に反応できません。

授業も同じです。語彙が少ないと同じ説明を聞いても理解がしづらいです。だから読書をして語彙を増やすことが重要なのです。

読書をしている暇があったら受験勉強をした方がいいと思うかもしれませんが、教え子の中で優秀だった生徒は例外なく読書量が多い生徒でした。

中学3年生の皆さん、受験勉強の合間にゲームをやる代わりに読書をしてみませんか?