2017.09.30 女サカ観戦
久々に女子サッカー部の試合を観ました。

ときどき女子のプレーを見ることは私にとっても勉強になります。英語の得意な生徒に教えるのと、苦手な生徒に教えるのでは、教えるポイントが違うように、女子のプレーを見ることによって、男子の指導をしているときに分からなかったことに気づかされたりしますので。

上手だった三年生たちと比べて、何が違うかと考えながら観ていましたが、一番大きな違いは、踏ん張るか踏ん張らないかだと感じました。

ボールにタックルするとき、動きながらボールを蹴るとき、体の向きを変えるとき、様々な場面で軸足で地面を踏みしめながらプレーする選手が多い気がしました。

ボールにタックルするときは軸足を踏ん張って足を出すよりも、全身を宙に浮かせて重心の移動を利用した方がかわされた時のリカバリーが速くなりますし、相手に読まれにくいからボールにヒットする確率が上がります。

動きながらボールを蹴るときは、軸足で踏ん張ってしまうと上体のバランスが崩れボールに体重が乗りません。軸足を地面から外し宙に浮きながらボールをヒットした方が、パワーが伝わるはずですし、シュートはキーパーに読まれにくくなります。

体の向きを変えるときに片足の拇指球で踏ん張ってターンすると、どうしても遅くなります。膝を抜きながら宙に浮いて体全体を一挙に回す感じがいいと思います。教え子の堀之内聖君が浦和レッズでまだ出場機会に恵まれなかったときに、サテライト(2軍)の監督の柱谷哲二さんに「ターンのときに肩、股関節、脚という順番で向きを変える(この動きだと拇指球に荷重されるはずです。左にターンするなら右足の拇指球、右にターンなら左足の拇指球)のではなく、肩と股関節(腰)を一緒に向きを変えるようにというアドバイスを受けたそうですが、拇指球で踏ん張ったらその動きはできないはずです。

男子サッカー部員は「Turn with the Ball」が上手い選手が増えましたが、ボールに触れながら体は宙に浮いています。

近い将来、男女共に第一グランドで練習するようになりますので、自然と女子も男子の上手な選手の真似をして、膝を抜いて宙に浮く感覚を身につけ「ナイスターン」と叫びたくなるプレーをするようになることを期待しています。

IMG_3425.jpg

穴だらけだったシュート板が、多くの方のご尽力により新しくなりました。

「バァーン」という音が「ドン」という音に変わりました。

シュート板があるないでは雲泥の差です。テニスの壁打ちと同じように一人でもトレーニングができます。

シュート板を利用して、キックが上達する部員が増えること間違いなしです。

シュート板リニューアルのためにお骨折りいただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。



2017.09.30 紅白戦
今日は紅白戦を行いました。

最初の20分✖︎2はトップチームvs1年生U-16メンバー、次の20分✖︎2は上級生の残りのメンバーvs1年生の残りのメンバーで行いました。

結果は、1本目が1-1の引き分け、2本目が3-1で1年生が勝利しました。

1本目は前半上級生の分厚い攻撃に耐えながら、1年生はカウンターから先制点を奪うも、後半追いつかれ引き分け、2本目は半数近くが不慣れなポジションでプレーするも、特に危なげなくプレーしているのを見て、彼らのサッカー頭の進歩を感じました。

1年生は、明日のU-16の試合に向け、昨日は練習量を落としましたが、上級生は昨日もハードな追い込むトレーニングを行っていたため疲れがあったと思います(受験を控えて練習に出てくる日数自体が少ない3年生もいます)が、それにしても、この半年の1年生の成長を感じずにはいられない紅白戦でした。

球際の強さ、速さ、長短のキックの精度、どれも見違えるほど成長しました。

居残り自主練、朝の自主練と、努力は嘘をつかないと感じました。

明日はU-16vs熊谷工業が10:00キックオフで行われます、

公式戦で出せる力が本当の力です。彼らに本当に力がついたのか見極めるには絶好の相手です。

自分たちの普段通りのプレーができることを期待しています。

2017.09.29 自主練
15人以上の1,2年生が朝からボールを蹴っています。

ちょっとしたコツを教えて誰かができるようになると、同じようにできるようになりたくて勝手に努力する。いい循環です。

練習は2時間で終わりますが、生徒たちが上手くなりたくて自主的に、パワーロープ、キック、ダッシュ等の練習を行っています。やらされているのと自らやるのでは、伸び代が違います。

勉強も同じだと思います。週末課題を出して無理やり勉強をやらされば、何もやらないより成果は出るでしょうが、伸び代はありません。やはり、自分からやるように仕向けなければなりません。

目標を持っているから努力するのか、楽しいから努力するのか、自分が成長しているのを実感するから努力したくなるのか、サッカー部員から学びたいと思います。
2017.09.28 シュート板
明日からリニューアルされたシュート板が使えるようです。

生徒たちにとって待望のシュート板です。

ここ数週間で彼らはキックがかなり上達しています。

朝練や練習後にキックの練習をしている部員たちは、これからはボール1個でキック練習ができます。

ますますキックが上達すること間違いなしです。
今日はトレーニングの初めに、インサイドキックの練習をしました。

普通のインサイドキックは、ボールの真横に軸足を置いて、蹴り足を後ろに引き、振り子のように足を動かしインパクトの瞬間に足が一番低い位置になり、フォロースルーで足の位置が上がっていく、そんなキックだと思います。

今日行ったインサイドキックは、軸足のつま先の向きと60°角度が違う方向に、蹴り足を外旋させつつ(軸足は逆に内旋)踏み込みながら蹴るキックです。

久保裕也選手がベルギーリーグの試合で何人か抜いた後にシュートを決めた時の蹴り方です。

最初はただボールの横に軸足を置き、蹴り足を外旋させつつ、蹴り足に乗り込むようにやらせましたが、途中でやり方を変え、イチ、ニ、サン、キックのリズムで蹴るように指示しましたら、軸足で踏ん張ろうとする生徒が少なくなった気がします。

小さい頃からの癖で、キックの時にどうしても、一度、軸足をしっかり踏み込んで、蹴り足を引いてしまう子は上手く蹴れません。どちらかというと軸足はリズムをとるために置く感じで、蹴り足の外旋力と重力を利用したキックです。

練習の終わりに、このキックを応用して蹴り足に体重を乗せるように蹴るようにすれば、ゴール前で何でもないグラウンダーのクロスをクロスバーの上に外すことはなくなるだろうと、見本を見せながら話しました。

生徒の動きを観察していて思うのは、できないことが一つできるようになると、他の似通った動きもできるようになり、何も考えずに蹴っているより、できないことを必死に悩みながらトレーニングした方が、進歩の度合いが速くなる気がします。

監督の真似をしてブレ球を蹴れる生徒が増えてきましたが、ブレ球を蹴るフォームも、他のキックの応用されて行くのだと思います。

いつか、部員たちの方から、蹴り方を提案してくるようになったら最幸ですね。そんな日が来るのもそう遠くない気がします。
2017.09.27 蹴球計画
昨日の練習の後に、どうシュートをすると得点の確率が上がるかの話をしましたが、その際に、ネット上でマニアックに研究されている『蹴球計画』さんの話をしました。

「1vs1の際にいい選手は一瞬宙に浮く」とか、「体はくの字にならずに孤」とか、なかなか興味深い内容が書かれてあり、サッカーの研究好きな人と話をすると、必ずこの『蹴球計画』または『football hack』を知っているかという質問が出ますので、サッカー研究好きでご存じでない方は、アクセスしてみてください。
パワーロープの話をスポーツ勉強仲間の先生にしてみましたら、大変勉強になりました。

縄跳びは、体幹を固めては跳べないけど、軸感覚は鍛えられるそうです。

また、初めは伸展感覚のジャンプをしている選手が、長く跳ぼうとしているうちに屈曲感覚に変わっていくそうです。私が見たところ、伸展感覚のジャンプをしている子が多い気がします。

この2点はとても大きな効用とのことです。

神経系への刺激と考えて毎日の朝練や、放課後練のウォームアップとして位置付ければ、良いパフォーマンスでボールメニューに入れるということですが、アップに取り入れるには、ロープの数が足りません。

また、腕の力で回すと疲れるので、自然と肩甲骨で回すようになるそうです。

肩甲骨周りの可動域が広がるとプレーがどう変わるのか注目してみたいと思います。
最近、シュートが決まる選手とそうでない選手の違いは何なのか気にするようになりました。

何十ものメッシのシュートシーンを観て感じたのは、体の正面にあるボールよりも、少し外に外した場所にあるボールを蹴っている気がしました。

必然的に、胸(腹?)をキーパーの方に向けずにシュート動作が始まっているように見えます。

一方、シュートを外しまくる我がチームのエースストライカーは、初めからキーパーと正対し、蹴り足を後ろに引いて蹴っています。GKからすると、タイミングがつかみ易いのではないかと思います。

昨日の午後、息子がプレーする大学のラクロスの試合を観戦に行きましたが、一度横を向いてから体を捻るようにして撃ったシュートの得点率が高いと感じました。逆に、ゴーリー(キーパーのこと)と正対し、クロスを後ろに引いて撃つシュートはゴーリーにセーブされる確率が高いと感じました

正対するかしないかに何か理由があると感じています。今後、研究したいと思います。
2017.09.24 本日の試合
本日の1年生のトレーニングマッチvs藤岡キッカーズは、35分✖️4で4-1で勝利しました。

藤岡キッカーズは技術がしっかりしていて、とてもいいチームでした。球際の強さや速さで対抗しましたが、おそらく夏休み前に試合をしていたら歯が立たなかったでしょう。

1人本高に興味を示してくれている中学生がいましたが、小柄ながら、彼の相手をよく見ながらテクニックを発揮する能力は、パスを繋いでアイデアのあるサッカーを目指している本高サッカー部にフィットすること間違いなしです。

10月1日に熊谷工業とU-16最終戦が控えていますが、今からとても楽しみです。