2018.02.01 LHR
本日のLHRで、クラスの生徒たちと一緒にバレーボールをやりました。

他のスポーツをやるたびに、サッカー以外のスポーツをやって来なかったことを後悔します。

男子vs女子で試合をしたのですが、生徒たちが気を遣ってマッチポイントで私にサーブを決めるように促してくれたのですが、見事ネットに引っ掛けて、女子に勝利をもたらしてしまいました(^^;;

ワールドカップ組織委員会埼玉支部に勤めていた時に、県庁バレーボール大会に参加し同僚に「福島さん本当にサッカー上手いの?」と言われました。

私レベルの運動神経でも、本当に好きで動きを研究すれば、そこそこのプレーはできるようになるのがサッカーです。高校生の時に今の知識があったらもっと活躍できただろうとつくづく思います。

本高サッカー部員のみんなには、私のレベルなどはるかに超えて上手くなって、サッカーの本当の楽しさを知ってもらいたいです。
数年で劇的に学校を改革された品川女子学院校長の漆紫穂子先生が、やる気スイッチは以下のようなときに入ると話されています。

①好きなことができたとき
②目標ができたとき
③出来ないことができたとき
④人のためにやるとき

どれにも、共通するのが「自分はやればできる」「人に認められた」という自己の内外からの承認による自己肯定感だそうです。

ある日、学校で行っている社会体験の一つで、広告代理店とのコラボでCMを作った際に、審査に来てくださったクリエーターの方が「先生、あの班にくだらないことを次々と思いつくすごい才能の持ち主がいますよ」と教えてくれたそうです。

その子は成績が最下位に近く、叱られる対象になりがちな生徒だったそうです。

ですが、その子に「才能があると言われたよ」と伝えたところ俄然やる気になり、将来は言葉を使って仕事をする人になりたいと目標を決め、その結果、受験勉強にも熱が入り、偏差値が20上がって志望校に合格したそうです。

勉強が苦手で自己肯定感が低くても、サッカーで自己肯定感が得られれば、勉強もできるようになったケースを私も経験したことを思い出しました。

浦和市立高校時代、学力は学年で最下位だったサッカー部員をBチームのキャプテンに抜擢したところ、後輩たちに慕われ、やる気を出し、顔つきも変わり、ついには青山学院大学に現役合格し、さらに勉強を続け、スウェーデンにある大学の大学院に進学してしまいました。

彼を見て、人はやる気さえ出せば、どこまでも伸びるのだと感じました。

本高サッカー部からも彼のような人材が育ってくれたら最高ですね。