2018.02.16 三送会
本日は午後から三送会(3年生を送る会)が行われました。

3年生の先生方が体を張って作成した動画が爆笑モノでした。

荻野目洋子さんの『ダンシングヒーロー』の音楽に合わせて、先生方がキレキレのダンスをしたり、コミカルな動きをしたりと、これをプロデュースした先生の才能を感じずにはいられません。

才能はどこに隠れているか分かりません。MFだと思っていた部員にセンターバックをさせてみたら思いのほか良かったり、逆に、センターバックの子がFWをやったら面白かったりすることがよくあります。

まさに「試すことに失敗はない」です。




2018.02.16 教え子から
先日、ゲルト・エンゲルス氏の記事を紹介してくれた教え子が以下の貴重な意見を寄せてくれました。

海外の方は、サッカーに熱狂的になるのは、根底に楽しさを感じてるから、何歳になっても観戦したり、遊びたくなるのだと思います。

一方日本の場合、サッカー=部活。部活=勝つことが第一目標、その為には、

・チームメイトから厳しい言葉が飛ぶ

・ミスしたら怒られるかもと自信を持てない

・先輩後輩という上下関係で疲れてしまう

・学校の勉強が忙しい(受験)

・時代の変化に伴う楽しいものの多様化

と、これらの要素が絡み合うと、部活(サッカー)が楽しくないとなってしまうのではないかと思います。特に上記の3つの要素は、自己実現ができない事で疲れてしまう為、根源的な問題になると考えております。もちろん、サッカーを上手くなって選手権に出場したいという人もいると思いますが、少数に感じます。

私も失敗するのは苦手です。失敗を恐れるのは、失敗しにくい雰囲気があるのが原因だと思います。先生や先輩など目上の人が失敗してるのを見ると安心して失敗できると思います。授業で手を挙げにくい(発言する人が少ない)のと同じ問題な気がします。

先生は絶対的に正しいから、言われた通りにしておけば良いと高校生の間に考えてしまい、結果思考力がなくなってしまう生徒さんが多いと思います(私を含め)。その様な中で、先生がミスをするというのはとても貴重な経験になるかと思います。

授業中に発音認識アプリを使う際に、私の発音が認識されないと、生徒たちは大喜びをします。あの何気ないやりとりが実は貴重なのだと彼が気付かせてくれました。

また教え子に教わりました。