本日のトレーニングは、まず、軸足よりも50cm以上前にあるボールをインサイドで蹴る練習を行いました。

ボールとパスの受け手を同一視したまま蹴るのと、一度ヘッドダウンしてボールから目を切ってから軸足をボールの真横に置いて蹴るのでは、全く違います。

私が現役でプレーしていた時は、ヘッドダウンした瞬間に猛ダッシュしてインターセプトを狙っていました。ボールの物理的なスピードよりも読まれ易いキックをする選手がインターセプトを狙われるのだと考えています。

次に同じように前にあるボールを、インステップまたは中足骨と指のジョイントあたりに当てて中距離のキック練習をしました。

全員右利きですが、左足で蹴るよう指示しましたが、左足で蹴ると「手足バラバラ」な子が多かったので、テニスボールを両手に持たせ、手の動きを意識させたところ、かなり改善されました。

キックのダメな子の特徴は、頭が蹴り足側に寄って首を傾げます。あるいは、頭が前に突っ込んで体がくの字になります。くの字形だと腿前の筋力に頼るキックになり、重力を利用したキックはできそうにありません。

キックの後はヘッドの練習を行いましたが、テニスボールを持ったまま上腕外旋を意識して、片足立ちで遊脚の蹴る力を股関節、背骨、首を通して頭に伝えるように指示しました。

次に、戻りながらジャンプヘッド、振り子のジャンプヘッドと難易度を上げていきましたが、だんだんとフォームが美しくなっていきました。

練習が終わった後に2年生がロングキックの自主練をしているのを見ましたが、上手な子は力が抜けていました。

あの「力が抜けている」感じをつかむのにはまだまだ時間がかかりそうです。