2018.06.16 サッカー英語
昨日、今日とサッカー部の1年生と読み進めた『ZONAL DEFENDING』という戦術本に出てきた英語を一部ご紹介します。

male男性、female女性、tend to doする傾向がある、close近い、degree程度、distance距離、depend on~~に依る、thereforeそれゆえ、simplicity単純、attractive引きつける、drawback欠点、major大きな、behind~~の後ろ、exploit利用する、shaded陰の、overcome打ち克つ、opposed to~~に反対している、compare比較する、tightきつい⇔loose緩い、take over引き継ぐ、provide与える、naiveばか正直な、let O V:OにVさせる、distribution分布、prepare準備する、deter思いとどまらせる、confront向き合う、effect効果、constrict圧縮する、shorten短くする、lengthen長くする、unpressurizedプレッシャーをかけられていない、close down寄せる、force強いる、remarkable際立っている、diverse様々な、above上の、employ用いる、method方法、require要求する、divide分ける、critical重大な、adjacent隣接の、respectively各々、trackついて行く、disregard無視する、responsible責任のある、ensure保証する、keep in mind心に留める、opposition相手、possible可能な、allow O to V:OにVさせる、vigilant用心深い、patient我慢強い、try to V:Vしようとする、travel移動する、distance距離、as~as possibleできるだけ~、under control制御されて、adopt採用する、crouchかがむ、sideways横向きの、proximity接近、threaten取りに行くふりをする、fail to V:Vできない、penetrate突破する、ideal理想、skillfully上手に、approach近づく、intend意図する

これを全部覚えるだけでもたいしたものです。

いまのところ第3章まで終わりましたので、最終の第7章が終わるころには英語もサッカー頭も完璧に仕上がっているはずです。

今年の1年生のいいところは、失敗を恐れないことです。

彼らは人前で間違えた発言することを気にしないので、積極的に発言をします。

2年前に同じことを全学年対象にして行ったときは、私が何か質問するたびにシーンとしていました。

質問するのは監督の山田ばかりでした。

彼は当時「なんでこいつら質問しないんでしょうね?わからなかったらどんどん質問してわかるようにすればいいのに」と話していました。

何も言わなくても、何人かは辞書を持参していましたし、ホワイトボードに私が書きなぐっていることをメモする時間がないときには、写真を撮っている生徒もいました。

講義で板書したことを写真に収めることに否定的な意見もありますが、彼らが工夫して何とか覚えようとしている様子に手ごたえを感じました。

数か月後には、試合中にサッカー英語が飛び交うことになるかもしれません。

文法の解説もかなり行いましたので、7月10日の模試の方も楽しみです。