2018.06.22 股関節伸展
今日、1年生のキックを見ていて、お尻を後ろに突き出すように蹴っている子が多かったので、もっとへそを前に出しながら、重心を前に移動させて蹴るようにアドバイスしましたが、なかなかコツが掴めなそうでしたので、椅子を2脚用意して、その上に1人の生徒を仰向けに寝かせ、腰のあたりが宙に浮くようにさせて、その上に他の生徒が座っても耐えられるに力を入れさせ、後ろの筋肉を使っていることを確認してから、今度は「軸足の股関節を伸展させながら、重心が前に行くように」とアドバイスしましたら、かなり良くなりました。

この蹴り方ができると、軸足の50cm前にあるボールを、軸足を置き換えないで蹴れるようになります。その結果、相手に読まれづらくなり、インターセプトされる確率が低くなります。

ワールドカップの試合を観ながら、同じような蹴り方をしている選手を見つけられたら上手くなるのがより早くなるのだと思います。