2018.09.17 本日の試合
本日のU-18vs児玉高校は、前半2-0とリードしながらも、後半3点取られ逆転負けを喫しました。

新チーム初の試合で、まだゲーム体力がないせいか、後半4人足が攣ってしまいましたが、1年生のU-16同時開催のため、ほとんど控えがいなくて対応できませんでした。

一方、1年生は、いつも2人くらいは足が攣るのに、今回はいませんでした。それだけスプリントしていなかったのかもしれません。

いつもスタメンで出場している2トップが怪我のため出場できませんでしたが、彼らがいなくてもやれることを証明してくれると思いましたが、前節より声も出ず、前半はアイデアを出そうとしていましたが、後半は、脳の中の「遊び」がなくなってしまった感じです。

彼らのテクニックでは、人工芝ではアイデアを出せますが、土のグラウンドでは、ボールコントロールに夢中になり、下を向いてしまい判断が遅れ、タッチ数が増え、その結果、相手に読まれるプレーに終始してしまうのかもしれません。

サッカーもそうですが、会場作りの準備の遅さなど、まだまだ改善すべきことが沢山あると思いました。

松山高校の生徒の挨拶や、行いから学ぶべきことが多いと感じました。

彼らは、黙っていても試合終了後に自主的にテントをたたんでくれたり、我々より先に動かれている気がしました。

武術で言うところの「先(せん)を取る」行動がふだんから自然とできている彼らに追いつくには、同じようにサッカー以外から変えて行かねばなりません。

大事なことは、できないことをそのままにせず、変えていくことです。

上級生の2年生が率先して範を示すことを期待しています。