2018.11.05 イニエスタ
『やべっちFC』にヴィッセル神戸のイニエスタ選手が出演し、番組に期待することとして、子供たちにサッカーの価値観を示してほしいと話していました。

具体的に、チームメートや相手選手をリスペクトすること等だと彼が話してくれるのを聞いて「我が意を得たり」と思いました。

息子が小学生の時、市内の少年団の子供を集めて、週一回、元Jリーガーが、子供たちにサッカーを教えるという企画がありました。

毎週水曜日に練習会場のグランドに迎えに行っていた私に「もうサッカー辞める。雑魚いチームのやつは邪魔だから来るなと言われた。みんなも辞めると言っている」と、ある日、息子が言ってきました。

私は、息子とそのチームメートに対し「これからはおじちゃんが水曜日に教えてやる。ただし、どんなに上手くなっても、自分より下手な子を馬鹿にしないこと。その約束が守れるなら教える」と伝えました。

「雑魚いチームの奴は邪魔だから来るな」と言った小学生は「下手な奴と一緒にサッカーをやりたくない」と言いたかったのでしょう。

イニエスが望んでいるような、チームメートと相手選手をリスペクトする少年サッカー選手が増えることを切に願っています。

子どもは大人をよく観察していますから、我々指導者が先ずは相手選手や審判をリスペクトする態度を示すことが大切だと肝に銘じたいと思います。
関連記事