2018.11.23 本日の試合
本日、アウェイで行われましたトレーニングマッチvs小川高校は、1-1の引き分けでした。

ホームで行われましたvs坂戸ディプロマッツは、30分×5で、0-0、0-2、0-1、0-1、0-1でした。

課題のディフェンスが、かなり改善されていました。彼らは頭を使えばテクニックが上のチームに対抗できると感じたと思います。

3年生2人が寒い中観戦に来てくれましたが、守備のことは褒めていました。ただ、相変わらず声が出ないと指摘されました。

試合後に私の小学校時代の通知表の話をしました。

1年生から6年生まで、担任コメント欄に、「声が小さい」、「もっと自信を持って」、「積極的に発言してほしい」と、ほぼ同じコメントが並んでいました。

そんな私でも、ピッチの中では「声でサッカーしているみたい」と後輩に揶揄されるほど、ピッチ上では豹変していました。

高校1年生の時の担任に「福島、教室でもグランドにいる時のように元気に振る舞えよ」と言われたことがありますが、生徒たちに「教室で女子と話ができなくても、ピッチの中に入ったら声を出せるサッカー選手になってほしい」と伝えました。

私の後に、たまたま選手権予選決勝を録画したBlu-rayを取りに来ていた17年前に浦和南が全国大会に出場した時のキャプテンが次のようにコメントしてくれました。

「もしかしたら以心伝心でサッカーができるのがいいのかもしれないけど、現状では、声を出してお互いが何を考えているか伝え合った方がいいでしょう?」

部員たちは彼の話を頷きながら聞いていましたので、次回はもっと声を出してやってくれるでしょう。

明日は深谷商業とアウェイで14:30から試合です。

応援よろしくお願いします。

関連記事