上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.11.28 体育は必要?
学級日誌にクラスの生徒が「体育が苦手なので、体育の時間が辛い」と書いていました。

スウェーデンやアメリカのある研究によると、体育の授業がある小学校とない小学校では、前者の方が明らかに学力が高くなったそうです。

縄跳びやボール遊びをすると算数の成績が上がるのは、運動することが、脳の中の「海馬」や「白質」を刺激するからだそうです。

最近、始業前に多くのサッカー部員が朝練に取り組んでいますが、ほんの10分ジョギングするだけでも脳を刺激し集中力が高まるそうですから、サッカー部員の成績が上がるかもしれません。

ただし、気をつけなければいけないのは、「筋トレ」では全く成績は向上しないそうです。大事なのは心肺機能を鍛えること。

私は高校生の時、ベンチプレスを朝8:00頃に行っていましたが、成績は芳しくありませんでした。その上、一部の筋肉だけ鍛えた結果、バランスを崩し、サッカーが下手になりました。

一方、熊谷高校の陸上部出身で、現在慶應大学の陸上部に在籍している2人は、毎朝外周を走ってから授業に臨み、1人は高3時にTOEICで880点、もう1人は英検準一級に合格しました。

彼らは理想的な生活をしていたのだと思います。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。