2018.12.06 図書寄贈
今日新たにお気に入りの本を図書館に寄贈しました。

『速く走るコツ』と『力を発揮するコツ』です。

司書の方に「サッカー部は読む本が多くて大変ですね」と言われましたので「数が少ないと、誰かが読み終わるまで待っていなければならないので、これから推薦図書を増やしていこうと考えています」と応えました。

本高生は、読書の習慣がない子が多いので、せめてサッカー部員だけども本を読む習慣を身につけてほしいので、自分が面白いと感じたスポーツや脳科学に関する本で、最近読まなくなった本を図書館に寄贈し、サッカー部員が読書の習慣を身につける手助けにしたいと思います。

岡崎慎司選手や金崎夢生選手をはじめ、数多くのプロサッカー選手を輩出した滝川第二高校の黒田和生元監督は、ひと月に一回、部員らに読書感想文の提出を求めたそうです。

同じ話を聞いても、語彙が少ない生徒は話が頭に入りません。

彼らの今後の人生を考えて、わかりやすい小学生向けの語彙を使って話しかけるより、読書の習慣を身につけさせたいと考えています。
関連記事