本日、本庄市の方がお見えになり、10月27日に行われました本庄市市民総合大学異学年交流講座の指導のお礼の品として作戦版と副審フラッグとハンドポンプを持って来て下さいました。

好評のため来年度も是非継続してほしいとお願いされました。

教職を目指す生徒もいますし、彼らにとって子供に教えるのはいい経験になると思いますので、こちらとしてもお願いしたい旨を告げました。

教わるだけだとどうしても受け身になってしまいますが、他人に教えるとなると、よく考えてなぜできないのか等を分析しなければなりません。

何事も経験です。



関連記事