上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.12.16 本日のU-18
本日のU-18北部支部2部リーグvs熊谷高校Bは1-2で敗退しました。

これにより、次節vs進修館高校は絶対に負けられない試合になりました。

昨日、車の定期点検に行き、ディーラーの支店でマネージャーをしている教え子が「目先の利益を上げるためなら、パワハラまがいのことをやって営業マンにプレッシャーをかければいいのですが、それでは長続きしません」と話していました。

サッカーも同じです。選手自身が考えて勉強して工夫してコミュニケーションを取る努力をしなければ、強さは長続きしません。

先日、図書館に寄贈した十数冊の本の中にはセットプレーについて書かれたものもあります。今日のように簡単にコーナーキックから失点するのは何故か、どうしたらセットプレーから得点できるのか、彼らが考える必要があると思います。

本庄高校は手取り足取り指導する機会が多すぎますので、せめてサッカー部員だけでも自分で考えて工夫する習慣を身につけてほしいです。

昨日会った別の教え子には「先生にサッカーを通して考える大切さを教わった」と言われました。

魚を与えるより、魚の釣り方(もっと正確言うと魚釣りの楽しさ)を教える指導者が彼らユース年代の若者には必要です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。