上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.12.17 球技大会1日目
本日は球技大会が行われました。

男子はサッカー、女子はドッヂボールでした。

浦和市立高校では、サッカー部員は球技大会でサッカーに出場することはできませんでした。サッカー部員と素人に差がありすぎたのだと考えられます。

夢中になって素人相手に頑張っている本高サッカー部員諸君を見ていて、まだ素人と同じ土俵に上がれるレベルなのだと感じてしまいます(ちなみに、女子サッカー部員は、以前は球技大会のサッカーが楽しかったそうですが、最近は素人との差がつきすぎてしまい「球技大会のサッカーはつまらない」といった感想を言う生徒がいるようです)。

私の高校では、サッカーではなくラグビー大会を行っていましたが、もしラグビー部員がラグビー大会に出場したら、素人は大けがをするか、それ以上のことになっていたでしょう。

また、もしナショナルトレセン候補だった私のサッカー部の先輩が、球技大会に出場し、素人キーパー相手に本気でシュートを放ったとしたら、キーパーがボールを取り損なって指や鼻骨を骨折したかもしれません。彼のシュートはボールが唸りを上げながら手元で伸びるシュートで、ゴール裏で球拾いをしていて怖かった思い出があります。

サッカー部員が球技大会のサッカーで「膝ぬきタックル」をしたら素人の生徒が吹っ飛ばされて危ないからサッカー部員は球技大会のサッカーには出場禁止になる日が早く来るとことを期待しています。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。