上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.12.18 ゆるトレ
先週の『FOOT×BRAIN』で、ゆる体操を取り上げていました。

私はゆる体操の教室に参加したことがありますので、だいたいのことは経験していますが、「立甲」についてのトレーニング法は初耳でした。

四つん這いになり、ついている手の肘の外側を反対の手でさするだけで、肩胛骨が「立甲」の状態になるのには驚きました。ゆる体操創始者の高岡英夫氏が番組の中で「肘抜き」という言葉を使って解説をされていましたが、私にはその意味がよく分かりませんでした。まだ知らないことが沢山あると改めて感じ、もっと勉強しなければならないと思いました。

先日図書館に寄贈した図書の中に、高岡氏の著書『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』も入っておりますので、いずれ近いうちに本棚に並ぶ予定ですので、サッカー部員に一番に借りてほしいと思います。

世の中にサッカーが上手になるための情報が氾濫しています。その中で、どれが自分にしっくりくるのか取捨選択してもらいたいです。

私も含め、誰か一人の言うことを鵜呑みにしてしまうのではなく、多くの意見やアイデアを検証し試す癖を、若い頃に身につけることはとても大事だと思います。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。