2019.01.06 本日の試合
本日の試合vs武蔵越生高校は第1試合Aチーム戦は、80分で前半1-2、後半0-1のトータル1-3で敗退しました。

この試合は新チームになって1番の試合と思えるほどのいい内容でした。

同じ人工芝でも、昨日の埼玉平成戦と違って、ポイントが高いスパイクを履いていい準備ができていましたので、滑って転ぶ選手は皆無でした。

試合前に、相手選手がボールにタッチする瞬間に1ミリ体を浮かすようにアドバイスしました。身体が宙に浮くことによって、相手選手のパスに対して軸足を踏ん張らず予備動作なく足を出せることによってボールに足が当たることと、1vs1のディフェンスの際に相手選手がトラップしたり切り返したりした際に、起こりがなくなり、相手選手の動きについて行けるのがその理由です。

口頭でアドバイスしただけなのに、試合で表現できる彼らの素直さと柔軟性を感じました。

第2試合のBチーム戦は、60分で0-10の大差で負けました。

武蔵越生高校Bは、Bとはいえ大変スキルフルでした。

ただ、誰か一人サッカー頭がある選手がいたら、もっと接戦を演じられる気がしました。

私が社会人の県リーグでプレーしていた時、一回り下の後輩たちに「福島さんは口でプレーしているみたいだ」とか「福島さんと一緒にサッカーすると相手のプレーが読めて楽しい」と言われました。

サッカーはちょっとしたことで変わります。昨日の埼玉平成戦で全くダメだったAチーム戦が今日はいい準備ができて、良かったように、いい準備が大切です。

いい準備とは、Be present! 目の前のプレーに最大限の力を発揮することです。

ふだんの練習で手を抜かず一所懸命にプレーすることで必ずチャンスはやって来ます。

チャンスを掴む掴まないは選手次第です。




関連記事