2019.03.10 三送会
今年もこの季節がやって来ました。

午前中、2年生vs3年生の試合を行い、2年生が上手になっているのがよくわかりました。体力は2年生の方があるでしょうが、テクニックや駆け引きでは3年生が上回ると思って見ていましたが、3年生が引退してからの数ヶ月で2年生がかなり成長したと実感しました。

これで3年生も安心して卒業できることでしょう。

お昼から『サッカー部三年生を送る会』が食堂で催されましたが、マネージャーも含め、3年生15人の魂のこもった最後のメッセージを聴き、涙腺が崩壊しました。他人の話を真剣に聴くとエネルギーを使うようで、ものすごく疲れました。

マネージャーに対し、3年生ばかりか、現役生からもサプライズのプレゼントがあり、彼らの優しさに触れることができました。
彼らはジェントルマンに育っています。

この年齢(50歳以上)になって、ドラマや映画鑑賞ではなく、誰かの話を聞いて涙を流せるということは、とても幸せだと感じました。彼ら3年生に感謝です。

そして、そんな彼らを育てて下さった保護者の皆様にも感謝です。

ある本に書いてありましたが、人間の排泄物の中で「汚物」ではないのは涙だけだそうです。そして、感動の涙を流すことは、とても健康に良いそうです。

最後に、保護者の皆様、記念品ありがとうございます。大切に使わせていただきます。
関連記事