選手権予選vs上尾鷹の台高校戦は、本庄高校サッカー部らしいテンポのいいパス回しができました。

1回戦であまりボールを動かせなかったので、2回戦を前にツータッチ以内で判断良くボールを動かすトレーニングを行いましたら、1回戦よりもボールが動くようになりました。

守備は簡単に裏を取られるクセがありましたが、それも修正でき、チャレンジ&カバーもうまく機能していました。

ただ、1番の勝因は、U-16と同じく球際の強さだと感じました。

相手の選手が球際で転ぶシーンが何度かありましたが、膝の抜き方、足の出し方、身体の当て方等が、上手くなったと感じました。

27日のvs所沢商業高校戦も、球際で相手選手が転ぶシーンが多ければ本高ペースになると思います。観戦される方は、その辺に注目してみてください。

関連記事