2017.08.26 森岡亮太選手
元ヴィッセル神戸の森岡亮太選手がベルギーのワースランド=ベフェレンというチームで大活躍しているそうです。

8年前の夏、私が浦和南高校サッカー部で1年間だけ教えていた生徒たちが2年後にインターハイに出場しましたので、奈良まで彼らの応援に行きました。

試合開始時刻まで少し時間がありましたので、他会場の浦和東高校vs京都府立久御山高校の試合を観戦に行き、久御山の10番の動きに魅了されました。

体格の勝る浦和東の選手がタックルすると、まるでドイツ代表のエジルのように、相手選手に力で対抗せずに、相手の力を利用して弾けるようにドリブルを続けていました。

また、マークを外す時の一歩目がものすごく速く感じました。今思えば、彼は膝を抜いて地面反力を用いて重心の移動で動き出していたのだと思います。

結果は2-1で久御山高校が勝利しました。あの時の衝撃は今でも忘れられません。ちなみに2回戦で久御山は流経柏に5-0で勝利しました。

浦和東vs久御山の観戦後、浦和南の試合を観に行き、応援に駆けつけていた浦和南の生徒でありながらレッズユースに所属していた生徒に「すごい選手を発見した。久御山の10番は理想的な動きをする選手だ」と話しかけましたら、彼が「先生、あいつ森山という名前でアンダー代表です。あいつ半端なく上手いです」と教えてくれました。

あの時の森岡選手の理想的な身体の動かし方を、どうすれば本高サッカー部員に伝えられるのか、試行錯誤が続きます。

関連記事