日本代表がワールドカップ出場を決めました。

スタメンは川島選手が浦和東高校出身、長友選手が東福岡高校、昌子選手が米子北高校、吉田選手はグランパスユース、酒井選手はレイソルユース、長谷部キャプテンは藤枝東高校、山口選手はセレッソユース、井手口選手はガンバユース、浅野選手は四日市中央工業、乾選手は野洲高校、大迫選手は鹿児島城西高校と高体連出身が7人です。

これだけ優秀な人材がJユースに集まっているのに、いまだに高体連出身者の方がJユース出身者より多いのは不思議です。

本庄高校サッカー部はクラブチーム出身者は、3年生が2人、2年生が1人、1年生が3人です。そのうち選手権1次予選の所沢商業戦のスタメンは1人だけでした。

もしかしたら、2次予選進出のチームで1番中体連出身者が多いチームかもしれません。

代表が、ここぞという試合で多くの高体連出身者を擁して勝利したように、本庄高校サッカー部も、ほとんどが中体連出身者で2次予選の厳しい戦いを勝ち抜きたいものです。
関連記事