先日の抽選会の後に、浦和レッズに勤務する教え子の堀之内聖氏と浦和で久々に会いサッカーの話をしました。あっという間の1時間半でした。

彼が東京学芸大の学生だった頃は、6時間サッカーの話を続けたこともありました。

彼が浦和レッズで現役選手だった頃のチームメートにエメルソンという選手がいたのですが、大原グランドでエメルソンを間近で見た際に、そのふくらはぎの小ささに驚きました。ちなみに腿裏とお尻の筋肉ははったつしていました。

それまでは、ふくらはぎが太い方がいいと思っていましたが、彼のふくらはぎを見て、さらにW杯でカメルーンの選手も同じようにふくらはぎが小さいのを見て、考えが変わりました。そして、走り方をより深く研究したくなりました。

先日、久々に堀之内氏にその話をしましたら、ラファエルシルバがまさにそういう体型だと教えてくれました。見た目はあまり速そうに見えないけど速いそうです。

拇指球を使わないで動くと力感が無いので、あまり速く見えないけど、実は速い動きができます。

一見、弱そうに見えるけど対戦してみると球際が強い、遅そうに見えるけど対戦してみると速い、そんなチームを目指します。

関連記事