2017.09.16 主体性
今どきの大学生は、大学生活のガイダンスや就活の指導を先生にしてもらいたいと思っているそうです。

サッカーは、一旦ピッチに入ったら、監督ができることは交代のカードを切ることくらいです。

今日の1年生の試合でも、せいぜい「下から足を出せ。上半身は当てるな」と指示するくらいで、他は全て彼らの判断でプレーをしていました。

私は「ナイスターン」「いい足の出し方だ」「ナイス膝抜き」等、彼らがいいプレーをした時に賞賛の声を上げるだけでした。

指導者の頭の中の通りに彼らを動かすのではなく、彼らのサッカー頭を練習や戦術ミーティングやミーティングを終えてからのレポート提出等を通して、彼ら自身の頭の中を鍛えることによって、自分たちで判断してサッカーするように仕向けてきましたが、それがだんだんと結果に繋がり始めました。

自分たちで考える習慣が身につけば、自然と大学生になってからも自律した行動ができるようになると思っています。

あまり教え込まず、ほどほどに教え、彼らが練習後に自分に必要なトレーニングをそれぞれが考え、朝練で自らトレーニングをしている姿を見て、正しい方向に進んでいると感じています。

一流のアスリートは、みんな自分で研究しています。その習慣をユース年代で身につけることは、後の彼らにとって、とても重要なことだと思います。

関連記事