本日のU−18vs本庄第一Bは2-0で勝利しました。

U−16vs松山高校は前半1-0で折り返すも、後半2点を取られ逆転負けを喫しました。

松山高校は、2回のイエローカードを含め激しくコンタクトをしてきて、負けたくない気持ちを前面に出してきました。あの闘志をいなしてパスをつなぐほどの余裕は我がチームにはまだ無かったようです。

ただ、主審の先生が「本高の選手は考えてサッカーをしている。こいつらが3年になった時は楽しみだね」とおっしゃっていたように、伸び代を感じさせるサッカーではありました。

次の最終戦の対戦相手は、断トツで強い熊谷工業です。10月1日に試合がありますが、その前に、9月24日に群馬の藤岡キッカーズとのトレーニングマッチが予定されています。

本高サッカー部に興味を持っている中学生がいるチームですので、アイデアのある中学生が憧れるサッカーを期待しています。
関連記事