2017.10.03 審判
松本山雅の試合をチェックして動画を観ていましたら、見覚えのある走り方をする主審が目に入りました。

浦和市立高校時代の教え子が主審を担当していました。

彼はとても賢かったので、筑波大学体育学群に進学して、その後、日本サッカー協会に就職するように勧めました。

そして今、日本サッカー協会審判部で働いています。

彼は以前、サッカーを愛し仕事もできる教え子を日本サッカー協会に送り込んでほしいと話していました。

本庄高校サッカー部が強くなることはもちろん、彼のように日本サッカー界のために働く人材も輩出できたらいいなと考えています。

そのためにも彼らがしっかり勉強もするように仕向けなければなりません。

先ずは第一弾として、勉強を頑張っている2年生に修学旅行明けに英語の補習をしてみようと考えています。

関連記事