2017.10.13 教員採用試験
前任校のサッカー部の教え子が教員採用試験に合格したそうです。

春から高校の英語教師として、またサッカー部の顧問として、同じ土俵に立つことになります。

彼は、私の英語の授業だけでなく、サッカーの戦術ビデオ(英語版)を観たのが英語に興味を持つきっかけになったそうです。

サッカー部で、ピッチ内でただサッカーを教えるだけでなく、戦術のビデオを見せたり、身体の仕組みを教えたり、栄養の話をしたりと、様々な刺激をユース年代で与えることは重要だと改めて感じました。

私自身、先日、バドミントンが専門の同僚にステップの話を聞いて大いに刺激を受けてステップの研究を進めようと思ったように、生徒たちもどんなことがきっかけで自ら学びだすかわかりません。

ですから、我々指導者は引き出しをたくさん持つ必要があるのだと思います。そのためには日々勉強です。

明日の試合、我々が身につけてきたものが部員たちにしっかり伝わっていれば、勝利を掴む可能性は十分にあります。

ふだん通り、今まで練習で培ってきたものを全て出し切り、後悔のない試合になることを期待しています。
関連記事