2018.06.21 観る目
今日、怪我をして練習を見学している1年生と話をしていた時、彼が「ワールドカップで外国の選手ができる動き方が何で日本人にはできないんですか?」と聞いてきました。

1995年にブラジルに浦和の高校生を連れて行った時に、どうしたらブラジル人のようなしなやかな動きができるか元セレソン(ブラジル代表)のlコーチに質問しましたら、「サンバ踊れるか?」と質問されましたので、「踊れません」と応えましたら、「じゃあ、無理だ」と言われました。

その時は「何を言っているんだ?」と思いましたが、今思うと、サンバは筋力でなく地面反力を利用しないと踊れませんし、自然と井桁崩しといった上半身を柔らかく使った重心の移動をサンバを踊ることによって身につけることができます。

ブラジルだけでなく他のチームにもしなやかに素速く動く選手はいます。

今までは、何となく凄いと思って見ていた選手が、なぜ凄いのか分析して見ることができるようになった彼は、それだけでも上手くなる可能性が格段に高まると思います。

ただサッカーの練習をするのではなく、好奇心を持って、今までできなかったことができるようになる達成感を得られる彼らは勉強も同じように取り組むようになるのではないでしょうか?

関連記事