今日、文化祭の後片付けと大掃除が行われました。

段ボールに色を塗った際に、ちょっとだけ床に附いてしまったペンキを落とすのに我がクラスの生徒は四苦八苦していました。

放課後、職員室に戻ろうとしましたら、先ほど我がクラスの生徒がきれいにしたはずの廊下が黄色く染まっていて、数人のサッカー部員が、手を黄色に染めて床の汚れを落としていました。

どうやら、演劇部の生徒が両手にペンキの缶をたくさん抱えて歩いていた際に、バランスを崩し1缶落としてしまったところ、中にあったペンキが大量にこぼれてしまったようです。

私も汚れ落としのスプレー缶を持って来て手伝っていましたところ、トレーニングを終えた別のサッカー部の2年生が次々と集まって来て、手伝い始めました。

その結果、演劇部の彼女が1人で掃除したら何時間かかるかわからないところ、30分で作業が終了しました。

困っている人がいたら手を差し伸べるという当たり前のことですが、「手伝いましょうか?」とすぐに声を掛けられる彼らを誇りに思います。

「利他の心」を持つ彼らがサッカーをやって強くなれないはずがありません。

新人戦が楽しみで仕方ありません。

関連記事