上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はU-18の試合(0-2で松山Bに敗戦)を観戦より、前任校の教え子の結婚式に出席することを優先させていただきました。

披露宴で、隣の席には埼玉大学のサッカー部の監督がいらっしゃいました。

私の熊高時代の教え子が数多くお世話になっていますのでご挨拶しましたところ、最近は熊高サッカー部OBが埼玉大学サッカー部に入部していないとのことでしたので、これから本庄高校の生徒がお世話になるようになると思いますので、よろしくお願いしますと伝えました。

新郎の彼は、一瞬のスピードがあり、プロチームに取って欲しいと監督さんは複数のチームに彼を取ってほしいとお願いしたそうです。

おそらく、プロのスカウトは関東大学2部リーグ以上でないとスカウトの対象から外していましたので、相手にされなかったのだと思います。

埼玉大学の監督曰く、新郎の彼は、全国ベスト4のディフェンダーの選手をスピードでぶっちぎっていたとのことでした。

監督は新郎のご両親に「彼をプロにできなくて申し訳なかった」と話されていました。

今年、埼玉国体少年男子は17年ぶりに全国優勝をしましたが、その監督は私の浦和市立高校時代の教え子です。

彼は、一昨年のTSKカップで本高のある1年生のプレーを見て、「先生、本庄高校には逸材がいますね!」と私に話しかけてきました。

私が「みんなの代の全国ベスト8のFWよりいい?」と質問しましたら「ずっといいですよ」と彼は言いました。

「逸材」と言われた3年生の彼と今日の新郎と比べて、本高の逸材はそのトップギアに入るスピードは全く負けていないと思いますし、相手ディフェンダーに体を当てられた時のしなやかさは、逸材君の方が上回っていると思います。

指導者の選手の素質を見極める眼と、そのスペシャリティーを伸ばす指導力の大切さを感じました。

元Jリーガーである埼玉大学サッカー部の監督さん曰く、人並み外れた速さがあれば、残り10分で観客を沸かせることができるとのことでした。それが新郎の彼にはあったとのことでした。

もしそうだとしたら、本高の逸材君も、残り10分で観客を沸かせることができる稀有な存在だと思います。彼にはそこそこレベルの高い大学サッカー部でサッカーを続けてほしいと改めて感じました。

勝つためにチームの駒として選手を当てはめたら、高校サッカーでは勝てるかもしれませんが、卒業後活躍する選手は果たして育てられるのだろうかと、今日、埼大の監督さんと話してみて思いました。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。